東美濃の魅力満載!「青い、岐阜」
東美濃歴史街道協議会
「半分、青い。」活用推進部会

  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • English

制作者のみなさま

地域のみなさま

  • 岐阜県が選ばれる理由
  • 撮影支援について
  • ロケ地検索
  • ロケ実績
  • エキストラ募集
  • ロケ地候補募集

旧宮川家住宅(きゅうみやがわけじゅうたく)

エリア
岐阜地域 羽島郡 - 岐南町、笠松町
カテゴリ
旧家・農家・廃屋・豪邸

おすすめポイント

旧宮川家住宅は、明治25年に岐南町徳田に建てられた濃尾平野から三河地方にかけてみられる一般的な農家の標準型で、「四八畳」または「田の字型」などと呼ばれる。 表の8畳間には、仏壇、トコを設け、奥の8畳間裏には茶室が設けられている。 土間にはかまど、わら打ち石なども残されている。表側入り口脇には無双窓がありこの付近でも古い家は数えるほどしか残されていない。 後世の改造も比較的少なく、外部の井戸などとともに保存することによって、明治中頃の生活様式を知ることができる貴重な遺構。

所在地
〒501-6013 岐阜県羽島郡岐南町平成7-47

お問い合わせはこちら

  • 大垣フィルムコミッション
  • かかみがはらフィルムコミッション
  • 郡上フィルムコミッション
  • 飛騨フィルムコミッション
  • 多治見フィルムエンジン
  • Twitter
  • Facebook
  • インスタ

清流の国ぎふ